Home > コンクールについて > 参加曲目・演奏順

参加曲目

(1)予選、本選ともに自由曲です。

   楽譜が出版されていない曲、自作曲、クラシック音楽以外で審査が不可能な曲は
   申込みが出来ません。
   全国大会は著作権保護期間が満了した曲であれば自由です。
   著作権が解禁されていない曲の演奏は出来ません。
   著作権保護期間については著作権協会へお尋ね下さい。


(2)
予選、本選、全国大会ともに同じ曲でも、違う曲でも申込みが出来ます。

   予選、本選において複数会場お申込みの場合、各会場同じ曲でも、
   違う曲でも申込み出来ます。 


(3)
【選曲方法】

   ・原則として分数制限はありません。 

   ・短い1曲だけの申込みも可能です。 

   ・曲が短い場合は2曲、3曲組み合わせる事は可能です。

    ※複数の楽章を組み合わせる事も可能です。 

   ・組曲、変奏曲を抜粋する事は可能です。※審査に影響なし。 

   ・特に長い前奏や間奏等はなるべくカットして下さい。※審査に影響なし。 

   ・自由曲制の為、見本となる曲目一覧はありません。得意な曲、好きな曲等を自由
    に選択して下さい。※予選は曲の難易度を問いません。


 (4)【演奏分数カット】

   ・参加人や当日の進行状況により、演奏をカットする場合があります。また、演奏
    分数が極端に長い方も、分数カットの対象のなる場合があります。※後日、事務
    局よりご連絡させて頂きますが、審査に影響はありません
   ・参加者の少ない会場、当日の運営に余裕がある会場は最後までの演奏となります
    。ただし、「分数カットはありません」と記載があっても、当日の進行状況によ
    り急遽カットする場合があります。(舞台上のトラブルで審査が中断した場合な
    ど)提出曲を最後まで演奏出来るという保証ではありません。
   ・分数カットがある場合は、後日郵送する日程表の下にカット分数を記載します。
    当日は協会でベルを鳴らしますが、審査に影響はありません。
   ・カットする分数については、当日の参加者数によって確定する為、締切後のご案
    内となります。
   ・分数カットがある会場のみ、当日受付にて曲目の変更が可能です。
    ※曲目変更の申請は当日の受付時のみ。 

(5) 【注意事項】

   ・申込み後、いかなる事由でも申込み内容の変更は一切出来ません。また、当日、
    申し込んだ曲と違う曲目の演奏も出来ません。(分数カット時を除く)
   ・申込みが締切前でも、変更、キャンセルは出来ません。
   ・申請した曲目の順番を変える事は可能です。(曲順変更の申請は不要)
   ・選曲に違反行為があった場合は失格となります。
   

セッティング

(1)コンクールで使用するピアノは当協会指定のピアノとします。
   ※断線やピアノ の状態により、途中でピアノを入れ替える場合があります。


(2)
下記のセッティングは当協会では行いません。
   準備等を含め各自の責任で行って下さい。

    ・ピアノ以外の各専門楽器の用意(打楽器も各自で準備)

    ・足台、補助ペダル等の用意や本番時のセッティング

    ・伴奏者(伴奏はピアノのみ。録音テープは不可)

    ・譜めくりをする人(譜面台、譜めくり椅子のみ当協会で用意します)

      ・専用のチェロ椅子、コントラバス椅子、エンドピンストッパー 


(3)
ピアノ以外の部門は事故防止及び、審査条件を同一にする為、ピアノの蓋は原則
   として半開固定とします。作曲家の指定がある場合は個別に対応します。 

(4)
調弦は休憩時間のみ舞台上のピアノを使用することが可能です。


(5)
打楽器の搬入、搬出は当協会では一切行いません。破損等が生じた場合、
   全て当事者の責任とします。搬入口の開閉は当協会が行います。

演奏順

  (1) 予選、本選、全国大会ともに当協会の抽選順です。
   ・学生は学年順となり、学年内は抽選順となります。

  (2)
ピアノ部門声楽部門は女子の部から開始します。
 
  (3)
部門の順番、出演時間は郵送される日程表を確認して下さい。
 
  (4)
平日開催の会場は、午前中から開始する場合もあります。
   ・時間は締切後に確定します。申し込み後の変更・キャンセルは出来ませんので、
    平日に申し込む際はご注意下さい。

【注意】
・出演時間の問い合わせは出来ません。

・自己都合による出演順の変更は一切出来ません。