Competition requirements

参加要項 / 参加資格

参加資格

ソロの各部門

  • 3歳以上の未就学児

  • 小学校児童の1年生、2年生

  • 小学校児童の3年生、4年生

  • 小学校児童の5年生、6年生

  • 中学校生徒

  • ・高等学校生徒、高等専門学校(1〜3年生)、
     それと同等とみなされる課程に在籍する者
    ・高等学校を卒業し、進学の意思がある者
    ・上記に該当し、2001年4月2日以降出生の者

  • ・大学生、短期大学生、高等専門学校(4年生以上)
    ・専門学校生(大学、短期大学同等に限る)
    ・大学院、研究科、専攻科、別科、ディプロマ(短期大学、専門学校含む)

  • ・上記に該当しない者(学生証を持たない者)
    ・学生であっても1995年4月1日以前出生の者(博士課程含む)
    ・年齢の上限は無し
  ※海外から参加される場合は実年齢に伴い、部を選定して下さい。
室内楽部門  
   ・年齢の制限はなく、1団体3名以上で人数の上限はありません。
   ・当コンクールが開催している部門のいずれかで編成されていること。
    ※弦楽器が含まれる編成であること
   ・独立した指揮者、同一パートを2名以上で演奏することは認めません。

  例)ピアノ、ヴァイオリン、フルートの三重奏
    ヴァイオリン×2、ヴィオラ、チェロの四重奏
    ピアノ、ヴァイオリン×2、ヴィオラ、チェロの五重奏


アンサンブル部門  
   ・年齢の制限はなく、1団体3名以上で人数の上限はありません。
   ・当コンクールが開催している部門の管打楽器で編成されていること、
    または、ピアノと管打楽器で編成されていること。
    ※打楽器のみの編成は不可。
   ・独立した指揮者、同一パートを2名以上で演奏することは認めません。

  例)フルート1st、2nd、ピアノの三重奏
    金管8人、打楽器の九重奏
    管楽器8人、コントラバスの九重奏

※管楽器を基本とする編成において、コントラバスがある場合は
 アンサンブル部門での参加となります。


予選免除制度の廃止

 ・過去の規定での予選免除対象者は、全て無効となりました。
  第30回大会以降、全員予選からの参加となっております。