Competition requirements

参加要項 / 審査部門

審査部門

日本クラシック音楽コンクールの部門は以下の通りになります。
  • Pianoforte

    ピアノ Pianoforte

    ピアノ部門(男女別の審査)
  • String instruments

    弦楽器 String instruments

    ヴァイオリン部門、ヴィオラ部門、チェロ部門、コントラバス部門
  • Woodwind instruments

    木管楽器 Woodwind instruments

    フルート部門、オーボエ部門、クラリネット部門、ファゴット部門、サクソフォーン部門
  • Brass instruments

    金管楽器 Brass instruments

    トランペット部門、ホルン部門、トロンボーン部門、ユーフォニアム部門、テューバ部門
  • Percussion

    打楽器 Percussion

    打楽器部門
  • Vocal music

    声楽 Vocal music

    声楽部門(男女別の審査)
  • Vocal music

    ハープ Harp

    ハープ部門
  • Vocal music

    室内楽/アンサンブル Chamber music・Ensemble

    室内楽部門/アンサンブル部門

  • 室内楽部門、アンサンブル以外の部門はソロ演奏となります。
  • ピアノ部門と声楽部門のみ男女を分けて審査します。
  • 複数の部門に参加することもできます。
    例)1人でピアノ部門と声楽部門に同時参加
      1人でヴァイオリン部門と室内楽部門に同時参加
  • 管楽器においては、開催部門の同属楽器でも参加できます。
    例)Piccolo, Alto Flute → フルート部門
      Bass Clarinet  → クラリネット部門
      Tenor,  Baritone Saxophone → サクソフォーン部門
      Cornet, Flugelhorn → トランペット部門
      Baritone, Alto Horn → ユーフォニアム部門
【室内楽部門/アンサンブル部門について】
  • 2台以上のピアノは使用できません。
  • 1団体3名以上で参加できます。(人数の上限はありません)
    年齢の上限はなく、異なる年代による参加も可能です
  • 独立した指揮者は認めません。
  • 同一のパートを2名以上で演奏することはできません。(div.のある場合でも同一パートとする)
  • 吹奏楽曲、管弦楽曲で出場することはできません。